滋養強壮剤を見直そう

滋養強壮剤を見直そう

強精剤には副作用がつきものです。強精・強壮薬には、ヨヒンビン製剤や男性ホルモン製剤などの強制剤を服用するときには、長期間にわたる連用には副作用を心配しなくてはいけません。

 

ヨヒンビン製剤には塩酸ヨヒンビンが、男性ホルモン製剤にはメチルテストステロンという化学物質が含まれているのです。

 

化学物質というものは、患部に直接働きかけることによって、その症状を改善させてくれて、西洋医学の考え方が基本となっているのです。

 

しかし、患部に直接作用するだけではなく、それ以外の通常の働きをしている機関にも影響を与えてしまう性質があるのです。

 

体のすべての器官というのは、それぞれが独立している訳ではなく、お互いに関わり合いを持って活動しています。

 

そのために、一つの期間が影響を受けると、それまでの連携が崩れてしまい、他の危険にも必ずと言っていいほど影響が出てしまうものなのです。

 

患部は治療されても、他の期間に異常をきたしてしまうことが起こるのです。

 

これが副作用なのです。西洋医学で用いられる化学合成物質の場合は、何らかの形での副作用があらわれるものだと思ってください。
目に見えない副作用が体をむしばんでいくのです。その副作用よりも、患部に直接作用する化学物質の効果の方が高い場合には、治療に使用することになります。

 

化学物質を含む医薬品を服用することで、何らかの負担が体にかかっていくのは確かです。

 

ヨヒンビン製剤を服用すると、血圧が上がり、動機が早くなってきますが、それだけ心臓に負担がかかっているということなのです。

 

 

言い換えれば、自分の医師には関係なく、無理やりに鼓動が高まり、心臓に負担を仕入れているのです。

 

一時的に負担を強いられる程度なら良いかもしれませんが、それが何度も区営返されると、たとえ丈夫な心臓でもどこかに異常をきたしてしまう可能性の方が大きいのです。

 

また、男性ホルモン製剤にしても、性欲を高め、性機能の働きを促す作用はあっても、無理やり男性ホルモンが増えたために、他の臓器にも影響が出てくるのです。

 

前立腺が肥大してくるのも、糖尿病が悪化して市編むのも、すい臓に負担がかかるのもそうです。

 

ヨヒンビン製剤や、男性ホルモン製剤というものは、いちじてきにふくようするかぎりではそれほどのあくえいきょうはないですが、使用回数が増えれば増えるだけ、それに伴う副作用の影響を心配しなければならなくなるのです。