滋養強壮剤には副作用の心配がない

滋養強壮剤には副作用の心配がない

強精剤と比べて滋養強壮剤には、ほとんど副作用の心配が入りません。というのも、滋養強壮剤は、漢方の考え方を基本とした生薬から作られているからです。

 

そもそも漢方の考え方というのは、西洋医学とはまったく反対の発送をもっています。

 

西洋医学では悪くなったところを治すことによって、結果的にその人を健康体に導くと言う発想でしたが、漢方では、その人の体質を健康体に変えていくことによって、結果的に悪くなったところを治すというものなのです。

 

その考え方の違いに沿ってつかわれる漢方薬・生薬というものは、特定の幹部だけに効果を及ぼすのではなく、体全体を健康な状態に近づけえる薬なのです。

 

体全体のバランスを崩すどころか、正常にも度を酢というわけですので、西洋医学のような副作用が起こる心配がないのです。

 

もちろん漢方薬でも、服用方法や用量を間違うことによって、問題が起こることもあります。例えば、冷え症の体質の人が、体を冷やす効果のある漢方を服用したときなどは、かえって体の調子が悪くなります。

 

これは漢方薬に問題があるわけではなく、単に診断や使用方法の間違いだということなのです。特に滋養強壮剤の場合は、体力の衰えている人が服用する場合が多いので、問題が起こることはないと言えるでしょう。

 

生薬や漢方の発生の地での中国三千年の歴史という言葉を聞いたことがあると思います。三千年以上かけて培われた経験医学です。

 

西洋医学的な科学の裏付けが全くない時代から、生薬の効果を発見し、後世に伝え続けてきたのです。

 

しかも、植物や動物ばかりでなく、鉱石といったものまで生薬として調合し、それ単独では大きな効き目はないものに、複数の生薬と合わせることで抜群の効果が生まれるということも見つけているのです。

 

現に、西洋医学の分野でも、漢方は見直され、漢方薬の考え方を取り入れた実験や研究が随分と勧められています。そのおかげで、漢方のメカニズムも随分と改名され始めています。

 

特に精力に効き目のあると言われているものでは、その作用は生殖器だけでなく、腎臓や副腎、膀胱などといった広範囲に影響し、不足している栄養分までも補う形で、総合的に勢力を復活させるようになっていることがわかっています。

 

 

西洋医学で用いられる化学合成医薬品のように、飲んだらすぐに効くというような即効性はありませんが、漢方薬はとても体にいいものなのです。それが滋養強壮剤なのです。